目の下のたるみ除去は効果がありました

たるみ整形はメスを入れるのか不安


でも、私の気持ちは変わりませんでした。今の自分を好きになり、若々しく生きていきたいと考えたのです。クリニックでは、目の下のたるみをとる方法を相談しました。もちろん、メスを入れることも覚悟の上でした。でも、実際は私の想像したものとは全く違っていたのです。今の時代、目の下のたるみをとるのにメスを入れる必要はなかったのです。あんなに悩んでクリニックに行くことを考えていたのに、すごく拍子抜けしてしまいました。それと同時にすごく嬉しかったです。メスを入れるのは覚悟のお上だとはいうものの、やっぱり心のどこかでは怖いという気持ちを払拭できないでいたのです。 目の下のたるみ を取り除くのか買った時間は、それほど長くはありませんでした。注射器だけしか使わないので、簡単な処置をするイメージです。たるみを取り除いた当日や翌日は多少腫れがありましたが、他人から見れば気が付かない程度のものだったと思います。手術をした当日すぐにメイクもできましたから、家族に気付かれることもありませんでした。少し腫れた目もとは「疲れているのだろう」くらいに思われたようです。目元の腫れがひいてから、すごく効果を感じることができました。いつもなら寝起きから疲れた印象のする顔も、手術後はなんだかスッキリしているように見えました。鏡を見るのも楽しくなり、メイクも毎日するようになりました。家族からも「最近、明るくなった」と言われるようになりました。もちろん手術をしたことなど話してはいませんが、気が付いてもいないようです。



続きは→注射だけでスッキリした顔に自然と微笑み